我が国は世界で有数な地震国です。
数多くの地震被害に見舞われてきました。
大地震にそなえ、住まいの安全性を確かめ、必要に応じ耐震補強の
必要があります。
住宅耐震工事
住宅耐震補強工事のポイント  
  1. 基礎の補強
  2. はり・土台・柱・筋交いなどの接合部の補強
  3. 筋かいを入れ強い壁(耐力壁)を増やす
  4. 屋根の軽量化   
 などが有効とされています。

しかしながら、これらの補強は天井、床、壁をはがしての工事になり、その補強の内容によっては、工事費もかさみます。また,せっかく補強をしても、シロアリや、腐朽の程度によっては完全とは言えません。

  我が家の耐震自己診断
  財団法人日本建築防災協会のHP http://www.kenchiku-bosai.or.jp
  より入手できます。
耐震シェルター『まもる君』のご提案

  耐震シェルターとは、現在お住まいの1部屋、又は数部屋を万一大地震の時も倒壊しない頑丈な
  部屋に改造する工法です。強固な鉄骨でシェルター化(避難所、防空壕の意)する事で地震の際
  既存部分の揺れもシェルターが、吸収しその被害を最小にとどめる事が出来ます。
  工事内容は、シェルター化する部屋下に鉄筋コンクリートベタ基礎(厚さ20p)を作り、重量鉄骨フ
  レームを組立て強固な部屋に改造します。          
  4.5帖タイプから、部屋の大きさに合わせ、各サイズを標準化しております。 
弊社では、シェルター工事の他、様々な耐震補強工事はじめ軟弱地盤に
おける後打ち杭圧入工事、沈下修正工事を施工しております。
お気軽にご相談下さい。   

      広 さ      標準工事費
       4.5帖         200万円  
       6.0帖         260万円 
       8.0帖        320万円 
      10.0帖        370万円 
      12.0帖        390万円 
※上記価格に含まれない工事は内装仕上げ工事、その他の補強工事、設備工事、
間取り改築工事、等